--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-02

正直、nProが好きな人はいないと思うのこと。

DDOを数人でねっとり遊んでいたら、チャットでSpellbornの日本版の話が出たので調べてみました。

Spellbornの開発は蘭+韓の合同で、先行している北米版での料金形態は今のところMAPに対しての課金制のようです。それと、ゲームクライアントにはnProがもれなくついてくるとか……好きな人にはたまらないね!

とりあえず、参考資料としてYouTubeでのSpellbornのプレイ動画をいくらか見てみましたが……DDOのような操作感を持つLotRO、な感じなのかな。MMOタイプのゲームなのでアクション性はそれほどなさそうですが、もしDDOにおけるクエストのピットみたいなアクション難度を要求される部分があるとすれば、そこら辺で人を選ぶかも(リアル脳筋殺しのパズル要素はなさそうですが)。

感触としては、LotROの二の舞になりそ……いや、ちょっと面白そうなのでチェックは入れてみます。

コメント

北米公式から公式落として15分ほどやってみた。
まずインストール時にnProが一緒に入っててがっかり。

キャラメイクでクラスを選んだあとにはげふんどしが出る。
髪型やら種族やら体系を決めた後に装備も選ぶのは新鮮だった。
インナー、鎧、近接、遠隔武器と決めれるんだけど色も設定できたり手袋や肩当などが左右別々に設定できたりする。

チュートリアルはちょっと動かしてよくある木偶人形叩いたとこでどこに行ったらいいかわからなくなって終了。

キャラグラは4Gamerの記事からするに日本向けに変えてくるだろうけど、アバター要素はよさげな印象。戦闘はよくわかんねえや!

ここまで書いて長文なんで自分のとこで書けばよかったと思ったのは内緒

北米公式から公式落として
    ↓
北米公式からクライアント落として

編集パス設定してなかった!

はげふんどし!

もしかして女キャラでもそうなのかな、北米のを後で落としとこう(w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 例えばアレなど。. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。